OCN モバイル ONEは通信速度が遅い?口コミや評判を検証!

OCN モバイル ONE 口コミ

NTTドコモやau、ソフトバンクなど大手キャリアの携帯電話会社の回線を借りることで、安さを実現するMVNOサービス。以前に比べると利用者も増え、すっかりおなじみになりました。MVNOサービスのSIMカードを使うことで、毎月5,000円以上もの高額な利用料金を支払う必要もなくなり、プランによっては毎月1,000円以下の支払いですんでしまうこともあります。

今回ご紹介する『OCN モバイル ONE』は、ドコモでおなじみのNTTコミュニケーションズが提供するMVNOサービスです。データ通信プランなら月額900円(税抜)でも利用が可能。大手のNTTということもあり、サービスの充実ぶりや、特徴的な料金プランなどがあります。

口コミでは、「使用料金が安くなった」「低速通信機能がいい」などの声から、「速度が遅い」との指摘もありました。果たしてどうなのでしょうか?

そんなOCN モバイル ONEについて、口コミや特徴を紹介していきましょう。これから格安SIMに乗り換えたいと考えている方、ぜひとも参考にしてみてください!

OCN モバイル ONEを最安値で購入するならコチラ

Contents

良い口コミ&悪い口コミ

まずはOCN モバイル ONEの口コミから紹介していきましょう。

OCN モバイル ONEの良い口コミ

良い口コミから見ていきましょう。

毎月の使用料が安くなった

ガラケーを卒業して、音声対応通信に変えて月額1700円になりました。以前はドコモのガラケーで、データ通信付き月額2700円だったので、月々1000円お安くなって嬉しいです。
OCNのメルアドももらったので、ラインを使っていない友人、知人ともメールで連絡できます。他の格安SIMだと、1年目は安いものの、2年目から料金アップなんて条件が付いていたりしますが、OCN モバイル ONEはそんなことないので、安心して使えますね。ひとつマイナス点をつけるなら、カスタマーセンターのつながりにくさでしょうか。他はOKです。

40代/女性

通話重視の人でも受け入れやすい

通信料や速度の切り替えサービスなどは、他の会社と似たようなものなのですが、一番の魅力は音声通話SIMのIP電話サービス(050Plus)です。カウントフリーの対象になりますし、高速通信にしても、データ容量を消費されずに使えます。LINEにも同じようにIP電話サービスはあるものの、低速通信時の不安定さが気になります。OCN モバイル ONEは、NTTということもあって、安定してますね。
電話する相手によって通話料金は異なりますが、050同士なら無料で電話できます。今まで別の大手キャリアの通話料無料のプランを使っていたんですが、全然代替できます。これなら通話重視の人でも受け入れやすいですね。

30代/男性

子供の月額のスマートフォン使用料より安い

中古のiPhoneを購入して、OCN モバイル ONEの月額900円プランで使っています。自宅と職場でWi-Fiを使うことが多いので、不自由さはありません。
外にいるときは、連絡のためLINEを常にONにさせてますが、仕事の外回りにナビ代わりに使う時もありますね。ガラケーと2台で合わせて使っているんですが、息子のスマートフォン1台分の月額使用料よりも安いですよ。

40代/女性

低速通信で十分

OCN モバイル ONEは、LTE高速通信と低速通信を切り替えられる機能(ターボ機能)がついているんですが、私は低速のまま使っています。低速で使えるのかと思われそうですが、LINE通話、050通話、ネットでの音楽再生、ブラウザもサクサク見れる、と色々できちゃいますよ。わざわざLTEに切り替えなくてもいいくらいです。

20代/女性

デメリットは何もない

格安SIMをOCN モバイル ONEで初めて使ってみたんですけど、これからは一生OCNですね。機能として付いているターボ機能で、高速と低速と自由に通信料を切り替えられます。低速にしていても、ネット閲覧、SNS、ゲームのアプリ、Googleマップ、ナビシステムなど、問題なくできちゃいます。バースト機能が付いているので、低速でも問題なくサクサク動きますし。
ただ、問題は動画がほぼ見れないことかな。そもそも動画を見る方は、Wi-Fiを持っているでしょうから、あんまり関係ないと思います。月額1,800円で090の番号も持てて、低速でサクサク見れるなんてありがたいです。デメリットは何もありません。

40代/女性

OCN モバイル ONEの悪い口コミ

続いて、悪い口コミも見ていきましょう。

1日単位のコースは人を選ぶ

1日単位コースだと、1日単位で使用量がリセットされます。そういう意味では、人を選んでしまうSIMプランだと思います。例えば、日を限定して、「この日はネットで動画を1日中見たい」という使い方をする人には、向いていないかもしれません。
別の言い方をすれば、1日単位の通信制限なので、すぐ通信の上限まで使ってしまう人なら、翌日にはリセットされるので、向いているのかもしれないですね。ただ、私には向いてなかったです。

30代/男性

安いだけです

メリットは安い、だけです。とにかくめちゃめちゃ遅いです。昼間も夜のゴールデンタイムもダメ。YouTubeはずっと読み込み中、画質を落としてみても数秒間だけの再生です。YouTubeがダメなら他のネットの閲覧やネットショッピングはどうかと聞かれると、やっぱり遅いです。
料金も安く、大手のキャリアと変わらないなんてよく言えたものだなと思います。解約したいのは山々なんですが、通話SIMを選んでしまったためにできません。規定の契約期間内だと、違約金を取られてしまうからです。高い評価をしている人が信じられませんよ。

30代/男性

留守番電話機能が使えなくて信頼できず

OCN モバイル ONEに契約した当初、契約内容はネットでできるから別に困ることはないかなと思っていました。でも、留守番電話機能を契約しているのに、なぜか使えませんでした。変だと思ってマイページで契約内容を改めて確認。ちゃんと留守番電話機能が付いているのに、個別で解約することができませんでした。
結局、オプション利用料を払い続けるだけの無駄になってしまったので、信用できなくなって丸ごと解約しました。

30代/女性

速度にバラつきあり

速度にバラつきがあります。使用範囲は首都圏を中心に計4か所。で、とにかく昼間の時間帯の通信速度が遅いです。平日の昼間の駅あたりだと、通信速度下り200kbpsぐらいしか出てなかったです。まるで通信制限にかかったようです。ネット閲覧も遅いんですが、LINEやメールだけ使うならなんとか大丈夫だと思います。
一方で、平日の11時ごろに、下りが速度が60Mbpsという奇跡のような速度のときがありました。バラつきもありますし、動画を頻繁に見る人や、速度が遅いのは嫌だという人は、やめておいた方がいいと思います。

20代/男性

「マニュアルにないので分からない」と返された

機種変更時に、指示されたとおりに処置をしたんですが、問い合わせたら「マニュアルにないので分かりません」と返されました。一時的に、携帯電話が使用停止されてしまったので、IP電話を使ってやりとりをしていたんですが、回線が少し良くなかったのか、対応拒否みたいなことをされてしまいました。わざわざ公衆電話を探してかけ直しましたよ…。
結局、自分で解決したのですが、こういう話、格安SIMユーザーならありえると思います。評判をわざわざ下げて、高額のスマホユーザーが出ていかないようにしたいんでしょうかね?少し前に、別の通信会社はもっとしっかりやってくれましたよ。ネットもスマートフォンもOCNにするんじゃなかった。

30代/男性

OCN モバイル ONEを最安値で購入するならコチラ

OCN モバイル ONEのTwitter上の口コミ

Twitter上のOCN モバイル ONEの口コミも紹介していきます。

OCN モバイル ONEのインスタグラム上の口コミ

インスタグラム上のOCN モバイル ONEの口コミも紹介していきましょう。

OCN モバイル ONEの楽天とAmazon上の口コミ

楽天とAmazonでのOCN モバイル ONEの口コミも紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

初期設定だけ手間取った

説明通りに設定しても繋がらず、何度も確認したりネットで検索したりと最初苦労しました。
結局サポートに電話し、設定を一旦全てクリアして、1からやり直してやっと繋がりました。
私自身のやり方が間違っていたということではなく、うまく繋がらない事態になることは時々あるようで、その時に設定を一部だけ変更して試したりということをせずに、一旦全てゼロの状態に戻してやり直すということがポイントだったようです。
一度繋がった後は、何の問題もなく快適に使えています。

引用:楽天

快適です

データ通信量が繰り越せること。
050+の基本料が無料であること。
料金が安いこと。
ドコモの電波を利用しているので安心であること。
これがOCNモバイルONEを選んだ理由ですが
docomo>au>Yモバイル>OCNモバイルONEと移行してきて
最も満足感が高いかも。

引用:Amazon

簡単にできました。

こちらの商品17日に申し込み、25日に届きました。
28日にネットで申し込みをしました。
30日の午前中に「 これよりモバイルONEへの切替を開始いたします。」とSMSが入り、12時頃に圏外へ。
翌日の午前中には新しいSIMが届き使えるようになりました!
商品が届くまでは時間が掛かりましたが、申し込みをしてからSIMが届き、使えるまでは思っていたより早かったです。
実質携帯が圏外になっていたのは22時間くらい!
手持ちのiPhoneに差し込み正常に使えてます。
gmailのアドレスを持ってるので、050plusの設定もすぐ出来ました!


引用:Amazon

サービスからみたOCN モバイル ONEの特徴は?

OCN モバイル ONEにはいくつかの特徴があります。紹介していきましょう。

通話機能が充実

格安SIMなら通話プランはあまり充実していないというイメージがありましたが、それも過去の話。OCN モバイル ONEには、音声通話SIMプランに申し込むと、通話料が安くなるシステムがそろっています。

「OCNでんわ」で通話料金が半額

OCN モバイル ONE 口コミ
通常、30秒あたり20円(税抜)の通話料ですが、「OCNでんわアプリ」をインストールして使って発信するか、発信時に「0035-44」をつけると、30秒あたり10円の通話料になります。相手には、発信した携帯電話の番号がきちんとそのまま表示されます。

「OCNでんわ」の詳細

  • 通話料10円(税抜)/30秒
  • 誰でも半額になる
  • 月額料金 0円
  • 申し込み不要
  • 専用のアプリをインストール

さらに「OCNでんわ」を使った、3つのかけ放題オプションがあります。こちらは申し込む必要があります。税抜き表記です。

オプション名 内容 月額
10分かけ放題 10分以内の国内通話が何度かけても無料 850円
トップ3かけ放題 その月の国内通話上位3番号の通話料金が無料 850円
かけ放題ダブル 「10分かけ放題」「トップ3かけ放題」の機能が使える 1,300円

ちなみに、月に合計42.5分以上電話する方であれば、おとくになるようです。特定の人と長電話をしてしまうという方におすすめしたい機能です。

IP電話の「050 plus」がある

OCN モバイル ONEでは、IP電話アプリの「050 plus」もあります。IP電話とは、インターネットの技術を利用した電話のことで、電話アプリの「050 plus」をインストールして使えます。こちらは申し込みが必要です。

「OCNでんわ」の詳細

  • 月額基本料金300円(税抜)
  • 海外通話も日本と同じ通話料
  • 「050」アプリ同士のスマートフォンなら無料
  • 固定「050」IP電話同士なら無料
  • 携帯電話(090~等) 1分/17.28円
  • 固定電話(03~等) 3分/8.64円

仕事専用に電話番号を持ちたい方や、海外に電話をかけるという方にもおすすめです。データ専用通信SIMでもWi-Fi環境があれば通話が可能です。さらに、音声通話SIMかデータ専用SIMの料金プランに申し込むと、050 plusの月額基本料がおとくになります。

OCN モバイル ONEの速度制限は?

料金プランについては後述しますが、料金プランで日単位でのプランを選択されている方の場合、当日に基本通信量を超えると、送受信時最大200kbpsに下がります。しかし、翌日にはリセットされ、また同じ通信速度で利用できます。

月単位でのプランの場合も、送受信時最大200kbpsに下がります。その月の間は速度制限がかかった状態になってしまいますが、翌月の1日になるとまたリセットされ、問題なく使えるようになります。

いずれも、理論上の最大通信速度(受信速度)は788Mbpsです。(最大通信速度が500kbpsの15.0GB/月プランを除き)ちなみに、200kbpsに下がってしまうと、LINEやメールなどはさほど問題ないようですが、やはりYouTubeの視聴やネットの閲覧に不便さを感じるようです。

「直近3日間の速度制限」がない!

格安SIMの中には、直近3日間で定められた通信量以上を使うと、速度制限がかかってしまう、という決まりごとがあります。例えば、UQ mobileだと、直近3日間で6GB以上使ってしまうと、速度制限がかかってしまいます。

OCN モバイル ONEでも、以前はこの決まりごとがあったようなのですが、すでに撤廃されています。(ただし、前述のように通常の速度制限は存在しています。)他にも、まだ存在している会社と撤廃している会社とあります。ユーザーとしては、少しでも制限がないのは嬉しいところです。

「節約モード(ターボ機能)」で自由に通信量を節約できる

「節約モード」を使うと、通信量を賢く節約できます。「節約モード」は、専用のアプリ「OCN モバイル ONE アプリ」で簡単にオンオフできます。「節約モード」は、OCN モバイル ONE専用の呼び名で、「ターボ機能」のことを指します。

「ターボ機能」、格安SIMを選ぶ方にとっては聞いたことある方も多いのではないでしょうか?ターボ機能とは、通信速度を自在に切り替えられる機能のことで、LTE高速通信⇔低速200Kbpsを自由に切り替えられます。

例えば、「使いすぎてしまって、月末に見たかった動画が見れなくなってしまった…」ということがあったとします。

そんなときは「月末はYouTubeをたくさん見たいから、節約モードで通信量を節約しておこう」あるいは「日中は仕事をしているから節約モードにしておこう」と計画的に通信量を調整、節約できるのです。

「バースト転送機能」もある!

OCN モバイル ONE 口コミ
さらに速度を向上させてくれる機能として、「バースト転送機能」もあります。バースト転送機能とは、速度制限のかかってしまったときなどの低速通信時において、通信のはじめの数秒間のみ高速通信を行う機能のことです。低速時においても、ネットの閲覧にストレスを感じずにすみます。

YouTubeなどの常に読み込みを行わないといけないページだと、残念ながらあまり効果的ではありませんが、メールやLINEなどの断続的に少量の通信が発生するものには特に効果的です。

バースト転送機能は、ターボ機能がオフのとき、つまり低速時において自動的に有効になり、活躍してくれます。わざわざオンオフする必要がないので、頻繁に速度制限にかかってしまうユーザーにとっては、ありがたい機能といえるのです。

MEMO
他にも、「OCN モバイル ONE アプリ」では「利用量・通信残量の確認」「契約情報・利用明細の確認」「各種申し込み」「Wi-Fiスポット機能」も使うことができます。

他にも充実!OCN モバイル ONEの機能

OCN モバイル ONEには、まだまだ紹介しきれない特徴があるので簡単に紹介しましょう。

        • カウントフリー機能

      対象となるサービスは、通信利用量に含めない、というサービスです。「マイポケット」「OCNマイページ」「OCN モバイル ONE アプリ」が対象です。別途料金がかかることも、申し込む必要もありません。

        • 「OCN光モバイル割」で割引

      「OCNの光サービス」とセットに使うことで、月額利用料が200円(税抜)割引になるサービスです。

        • <li

      Wi-Fiのスポットも充実

OCN モバイル ONEのユーザーであれば、全国の駅やカフェ、ホテルなど、全国86,000カ所(2017年)あるWi-Fiスポットが無料で使えます。

    • データを繰り越せる

前日や前月で使い切らなかった分の通信量は、翌日または翌月に繰り越せます。例えば、当日110MB中40MBしか使わなかった場合は、翌日繰り越して40MB+110MB=150MB使えます。

    • メールアドレスが提供される

格安SIMの会社によっては、メールアドレスが利用できず、Yahoo!MailやGmailなどのフリーメールを持たざるをえなくなってしまうことがあります。OCN モバイル ONEでは無料でメールアドレスが提供されます。

OCN モバイル ONEの料金プラン

OCN モバイル ONEは、大きく3つの料金プランに分かれます。

インターネットも電話も使いたい方向けの「音声SIMコース」、インターネットだけ使いたいという方向けの「データ通信専用SIM」、インターネットとSMS(ショートメッセージサービス)を使いたいという方向けの「SMS対応SIM」とあります。

各々共通事項として次のことがあります。

    • 初期工事費用(パッケージ費用):3000円(税抜)
    • SIMカード手配量:394円(税抜)

また、OCN モバイル ONEでは、なんと利用開始月が無料ではじめられます。つまり、月の終わりの方から申し込みの準備をはじめれば、翌月にはほぼ一か月間無料で使うことができる、ということなのです。これは利用しない手はありません。

次から紹介するOCN モバイル ONEの料金プランは、各SIMの形態からさらに日単位と月単位の通信量で選べるようになっています。全て月額料金の税抜き表記です。

日単位の料金プラン

日単位の料金プランです。1日あたりの通信量で選べます。速度制限になっても1日でリセットされるメリットがあります。

コース名 データ通信専用SIM 音声対応SIM SMS対応SIM
110MB/日 900円 1,600円 1,020円
170MB/日 1380円 2,080円 1,500円

月単位の料金プラン

月単位の料金プランです。ひと月あたりの通信量で選べる一般的な料金プランです。

コース名 データ通信専用SIM 音声対応SIM SMS対応SIM
3GB/月 1,100円 1,800円 1,220円
6GB/月 1,450円 2,150円 1,570円
10GB/月 2,300円 3,000円 2,420円
20GB/月 4,150円 4,850円 4,270円
30GB/月 6,050円 6,750円 6,170円

最大通信速度が500kbpsの料金プラン

最大通信速度が500kbpsで、さらにひと月あたり15GBで使えるプランです。

コース名 データ通信専用SIM 音声対応SIM SMS対応SIM
500kbps(15GB/月) 1,800円 2,500円 1,920円

選べるプランの形が豊富なので、自分のライフスタイルにあったプランを選んでください。

OCN モバイル ONEの安全性について

OCN モバイル ONE 口コミ
OCN モバイル ONEでは、各種補償、セキュリティサービスも充実しています。初心者で設定が分からないという方も出安心です。料金は税抜き表記です。

サービス名 内容 月額料金
OCN プレミアムサポート for スマートフォン 【使い方や設定のサポート】
・専任のスタッフが電話とリモートでサポート
・同じ画面を見ながら教えてくれるので初心者でも安心
390円
あんしん補償 【端末補償】
・いつでも申し込み可能
・画面割れ、故障、破損、水漏れなどの
スマートフォンのトラブルに対応
・補償上限50,000円
500円
マイセキュア 【セキュリティ対策ソフト】
・フルクラウドで安心、快適なセキュリティ対策ソフト
・ウイルススキャンも高速
・早い段階でウイルスも検知
・子供のために安全な機能付
・1ライセンス:基本料250円
・5ライセンス:基本料500円
マイポケット 【データバックアップ】
・NTTがインターネット上で128GBの容量を確保
・データを預かってくれる
・スマートフォンの乗り換え時データの移行が簡単
300円
あんしんモバイルパック 【3つの機能をまとめて利用できるサービス】
・「プレミアムサポート for スマートフォン」「マイセキュア(1ライセンス)」「マイポケット」と使える
640円(税抜)

ひとつでも入っておくと、いざというときに心強いです。

OCN モバイル ONEと他の業者との違いって?

他の大手の格安SIMの業者とも比較してみましょう。OCN モバイル ONEとどのような違いがあるのかご覧ください。

なお、2018年6月現在の料金で比較しているため、変動する可能性があります。料金は、データ通信+音声通話のプランにて比較しています。税抜き価格の表記です。

業者名 月額料金 違約金 特徴
OCN モバイル ONE ・月単位/3GB
1,800円・日単位/110MB
1,600円
音声通話機能付きSIMカードのみ、6ヶ月間の解除で発生 ・通信料繰り越し
・ターボ機能(節約モード)
・日単位、月単位のプラン
・IP電話「050 Plus」
・直近3日間の速度制限なし、など
UQ mobile ・おしゃべりプラン/2GB
1,980円・ぴったりプランS/2GB
1,980円
・「データ高速+音声通話プラン」「データ無制限+音声通話プラン」
→ 利用開始日から12ヶ月間で発生・「ぴったりプラン」「おしゃべりプラン」
→ 2年間の解除で発生
・通信料繰り越し
・ターボ機能
・安定した通信速度
・データ無制限プランなど
IIJmio ・ミニマムスタートプラン/6GB
1,300円・ライトスタートプラン/9GB
1,920円
音声通話機能付きSIMカードのみ、12ヶ月間の解除で発生 ・通信料繰り越し
・ターボ機能
・何度でもかけ放題プラン
・みおふぉんダイアルなど

月額料金について

今回は、IIJmioの料金が一番少なく、しかも通信量が多かったのですが、(※)キャンペーン中(2018年7月31日まで)ということもあり、一時的に下がっているようでした。

UQ mobileがこの中では割高といったところでしょうか。選べるプラン形態の中では、日単位でプランを選べるOCN モバイル ONEが特徴的です。とはいっても、料金自体にそれほど大きな差はありません。その他の特徴や、現在のキャリアの回線から選ぶといったところでしょうか。

※(普段はミニマムスタートプラン(3GB)で1,600円、ライトスタートプラン(6GB)で2,220円のようです。)

最低使用期間(違約金の発生)が少ないのはOCN モバイル ONE

OCN モバイル ONEの最低使用期間の縛りは6ヶ月間と、この中ではもっとも短めです。口コミで違約金の発生について触れている内容のものがありましたが、大手キャリアの2、3年縛りや、他の2社と比べるといい条件といえます。

特徴について

他にもいくつか魅力的な特徴があったのですが、3社とも、現在の格安SIMの会社として「余った通信料繰り越し」「ターボ機能」があります。3社の特徴を簡単に特徴をまとめると次のような印象を受けました。

  • OCN モバイル ONE

1日単位の料金プランがあるので、もしも速度制限にかかってしまっても、1日あれば元の速度に復活できます。これは他社にはない強みではないでしょうか。また、直近3日間の速度制限がないことや、IP電話の「050 Plus」が使えるのも嬉しいところ。

  • UQ mobile

3日間の速度制限があることや、最低使用期間が長いといった点がありますが、格安SIMの中でも、群を抜いて安定した通信速度です。また、データ無料プランや通話も重視したプランもあるので、ネットも通話機能も、ある程度使う方向けといったところです。

  • IIJmio

アプリの「みおふぉんダイアル」を入れると、誰にかけても通話料が半額になります。さらに「何度でもかけ放題プラン」だと、家族との通話なら30分以内ならかけ放題(月額830円)になります。家族向け、通話をよくする人向けといったところです。

それぞれ自分に合った特徴で選びたいところです。

OCN モバイル ONEを最安値で購入するならコチラ

OCN モバイル ONEの口コミが本当なのか実際に利用してみました。

さて、ここまでOCN モバイル ONEの口コミや特徴について紹介してきましたが、実際のところどうなのでしょうか?

以前、別の格安SIMを使っていたのですが、3年近く使っていることもあり、試しにOCN モバイル ONEにかえてみることにしました。使い始めてまだまだ1か月ほどですが、果たしてどんな使用感だったのでしょうか?

OCN モバイル ONEの良かった点

まずは、良かった点をお伝えしていきます。

特に遅いとは感じなかった

口コミで「遅い!」とお怒りの声が多数あったので、どうなのかと思っていたのですが、特別遅いとは感じませんでした。ただ、人口が密集した首都圏だと違う結果になると思います。

低速通信が使えるのがいい!

「節約モード」で200kbpsを使ってみましたが、LINEにYahooのニュースサイト、アプリ起動と、普段よりもちょっと遅いかなと感じるだけで、不便さは感じませんでした。でも、YouTubeは何度か停止することがあり、さすがに無理だ!と諦めました。

バースト転送機能もあることですし、いっそ「ずっと低速通信でもいいや!」と思い、YouTubeを見るとき以外は、ずっと低速にしています。通信量を節約しながらこういう使い方ができるのは、すごくいいなと思いました。

使い勝手のいい料金プラン

一番いいなと思ったのが、日単位で選べる料金プランです。音声対応のSIMで、110MB/日のタイプを選びました。一か月間につき3GB以上使える計算になります。

私が以前使っていた格安SIMは一か月につき2GBでしたが、外出先でデータ通信を使いすぎて、月末になって速度制限にかかってしまい、外出先で見たい動画が見られなくなってしまったことがありました。

今回、似たような状況を生み出すために、外出先で長い時間動画を見続けたところ、速度制限になってしまいました。が、日単位を選んでいるので、1日でリセットされて、翌日には何事もなかったように復活しました。使わなかった分を翌日に繰り越せるのも嬉しい機能です。

使い方にもよるのですが、早くリセットしてほしい!という方にはおすすめだと感じました。

口コミからわかったOCN モバイル ONEのメリット

これまでのOCN モバイル ONEの良い口コミと、自分が実際に使ってみた部分を合わせて、メリットをまとめてみました。

メリット

  • 大手の安定感
  • 直近3日間の速度制限がない
  • IP電話が使える
  • 通話に充実したサービスがある
  • 通信量の節約ができる
  • 口座振替が使える

さすが大手ということで、幅広く充実したオプションや機能がついているなと感じました。機能に関しては全体的な安定感が漂っています。初めて格安SIMを使う方にとっては、安心できるのではないでしょうか。

格安SIMの場合、支払いはクレジットカードが多いところ、口座振替に対応してくれるのもいいなと感じました。

OCN モバイル ONEの残念だった点

ここからは少し残念だった点をお伝えします。

メールアドレスは必要なかった

普段、GmailやLINEでもっぱらやり取りをしていることもあり、残念ながら私にメールアドレスは必要ありませんでした。今のご時世、キャリアメールではなく、フリーメールで全て対処しているという方も多いと聞くので、昔ほど重宝されるわけでもないのかな…と感じました。でも、フリーメールになじみのない年代の方には大事な機能だと思います。

料金はやや高い方

以前使っていた格安SIMの会社の料金は、一か月2GBで月額1,490円(税込)でした。今回の110MB/日で1,600円 (税込1,728円)の方が高くなってしまうので、残念ながら金銭面での節約はできませんでした。

口コミからわかったOCN モバイル ONEのデメリット

デメリット

  • 速度が遅い
  • 他の格安SIM会社と比べると安いわけではない
  • 人によっては不要な機能もある

私は感じなかったのですが「速度が遅い」という声。恐らく、外でデータ通信をバンバン使う方、大手キャリアと比較した方、人口密集地などの点が大きく関係しているのでしょう。

また、料金に関しては、OCN モバイル ONEよりも安い格安SIMの会社があります。あくまでも、格安SIMの中では高いというだけで、大手キャリアから乗り換えた方にとっては、絶対に安く感じられます。

OCN モバイル ONEの口コミを自分が利用して感じたこと

普段自宅でWi-Fiを使っているので、Wi-Fiを持っている方にとっては問題ないと感じました。とはいえ、動画をよく見られる方は、ひと月あたり3GBでは厳しくなると思うので、Wi-Fiは必須です。筆者の住んでいる地方の田舎で人口が都市部より密集していないという点において、地域性があるのかなと感じました。

大手ならではの安定した機能もあるので、はじめて使う方にとっても、おすすめです。

OCN モバイル ONEはアマゾン・楽天・公式ページのどこで購入するのが一番お得

販売サイト 日単位110MB月額900円 送料
公式ホームページ
3,000円(税抜)+ SIMカード手配料394円(税抜き) なし
楽天
2,315(税抜) 830円
Amazon
900円(税込) 400円 or
440円

はじめに必要な初期費用(SIMカード代込み)で比較しています。楽天、Amazonで購入した場合、後々公式の専用サイトで手続きが必要になります。

楽天ではさほど変わりませんが、Amazonで購入すると、初期費用を抑えられます。しかし、SIMカードや、初期設定に必要な「アクティベートコード」と呼ばれるコードを、パッケージとして個別で販売もしているタイプもあり、誤って違う商品を購入してしまう恐れがあります。

公式では質問に従ってユーザーのタイプで購入できるので楽ですが、少し高くなってしまいます。一方、楽天とAmazonでは、初期費用を抑えられるので、安く購入できますが、その分格安SIMに対する知識が必要です。実際に、楽天とAmazonで確認していて、事前にちゃんと確認が必要だと感じました。

はじめて格安SIMを購入される方や、間違って商品を購入してしまう心配がある方は、ぜひとも公式ホームページからの購入をおすすめいたします!

OCN モバイル ONEを最安値で購入するならコチラ

OCN モバイル ONEはこんな方におすすめ

    • よく通話をする人
    • 初めて格安SIMを持つ人
    • ドコモの回線を使ったスマートフォンを持っている人
    • IP電話(050 plus)を使いたい人
    • 契約期間の縛りは短い方がいい人
    • 3日間の通信制限を受けたくない人
    • クレジットカードを持っていない人

大手のNTTということもあり、安定感が魅力です。格安SIMの会社ならあったら嬉しい一通りの機能や、口座振替でも大丈夫なので、初心者の方にもおすすめと感じました。動作環境の確認が必要ですが、ドコモのスマートフォンなら、SIMカードを差し替えるとそのまま使うこともできます。

OCN モバイル ONEはこんな方にはおすすめできない

    • 速い通信速度を求める人
    • 手続きが面倒な人
    • 大手キャリアと比較してしまう人
    • 格安SIMの中でも安い料金がいい人

人によって、格安SIMへの手続きは面倒に感じるかもしれません。また、通信速度に関しては、他にも速い通信速度を誇る格安SIMの会社が存在します。もっと速い速度でネットを楽しみたいという方は、他の会社を試されることをおすすめいたします。

OCN モバイル ONEのよくある質問

OCN モバイル ONEのよく聞かれる質問についてまとめました。

申し込みに必要なものを教えてください。

      • MNP予約番号

    現在使っているキャリアから数字10桁の予約番号を取得。(番号をそのまま乗り換える方のみ)

      • 本人確認書類

    運転免許証、健康保険被保険者証、パスポート、など本人が確認できる書類

      • クレジットカード

    NTTコミュニケーションズで利用できるVISA、MasterCard、JCBのクレジットカード(口座振替も可能です)

申し込み~完了までの流れを教えてください。

大まかな流れは「1.購入」→「2.申し込み手続き」→「3.設定」となります。スマートフォンとSIMカードを同時に購入される場合(らくらくセット)だと次のようになります。

      • 1.「MNP予約番号」「本人確認書類」「クレジットカード」と準備してください。

    2.公式の専用サイトにて、以下の情報を入力、アップロードしてください。

        • 商品内容の選択
        • 申し込み情報の入力
        • 本人確認書類のアップロード(本人確認書類の画像の送信)

    3.スマートフォンとSIMカードが手元に届く
    その際、申し込み後に届く(または申し込み終了画面からダウンロードする)「OCN会員登録証」は大切に保管して下さい。

    4.MNP開通の申し込み(任意)
    専用ページの「MNP転入 開通手続受付」専用ページより、MNP開通の申し込みをしてください。(「OCN会員登録証」をお手元にご準備ください。 お申し込みが無い場合はOCNにて開通処理をします。)

「スマホとSIMを同時に購入する方」、「SIMのみ購入する方(NTTコミュニケーションズで購入)」、「SIMのみ購入する方(その他のショッピングサイトで購入)」では流れが異なります。公式ホームページにてご確認ください。

支払方法について教えてください。

クレジットカードと口座振替です。口座振替の場合は、「OCN モバイル ONE SIMカード情報入力」画面での登録は行わずに、カスタマーズフロントへご連絡いただき、口座振替でのお支払い希望であることを伝えください。

OCN モバイル ONEに申し込み後、違約金が発生するのはいつまでですか?

OCN モバイル ONE(音声対応SIM)の場合だと、利用開始月を1カ月目として6カ月目までの最低利用期間があります(申し込み日の10日後を含む月を利用開始月とします)。最低利用期間中に解約されると、解約違約金8,000円(不課税)がかかってしまいます。
データ通信専用SIMだと、違約金は発生しません。

乗り換え(MNP)すると、電話やネットが使えなくなる期間はありますか?

自分の好きなタイミングでMNP開通の手続きをすることができます。9:00~20:59に手続が完了した場合なら、すぐに使えるようになります。

実店舗はありますか?

直営店はありませんが、「音声対応SIMカード」で専用の即日受け取りカウンターにて手続きを踏めば、すぐに使うことができます。ゲオ、ヨドバシカメラ、ビックカメラ、コジマ×ビックカメラ、ソフマップ、ヴィクトリーの家電量販店内で展開しております。

OCN モバイル ONEの利用終了後、SIMカードを返却する必要はありますか?

利用終了後は、SIMカードを弊社へ返却していただきます。返却費用については、お客さまのご負担となりますので、あらかじめご了承ください。

OCN モバイル ONEの詳細

OCN モバイル ONE 口コミ

サービス名 サービス内容 料金
OCN モバイル ONE 格安SIMカードと
格安SIMカードを使った格安スマートフォン・タブレットの利用サービス
月単位(3GB):1,800円 日単位(110MB):1,600円

OCN モバイル ONEについてご紹介しました。格安SIMは、はじめの手続きさえ踏めば、後は大手キャリアとは比べものにならないくらい安くスマートフォンを使うことができます。

格安SIMを使ってみたいという方、ぜひともOCN モバイル ONEを利用してみてはいかがでしょうか?

OCN モバイル ONEを最安値で購入するならコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。